ステージ虱発 弐号

で、お前ら、何を「保守」したいのよ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウイグルの超悲惨な現状

これ、去年、ニュースになってたんだがな?

イザ!の頃に取り上げてるんだ。



中国新疆ウイグル自治区で、銃殺刑になるはずの死刑囚が移植目的で生きたまま臓器を摘出されたと親族が訴え、裁判所当局が親族に補償金を支払っていたことが分かった。
香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターが26日伝えた。

同センターによると、この死刑囚は2003年7月の死刑執行日に拘置施設から病院へ送られた。
親族が、病院で麻酔を打たれ生きたまま臓器を摘出されたと抗議したところ、裁判所当局から06年「死体処理費」名目で5万元(約78万円)が支払われた。

裁判所当局は臓器が摘出されたことは認めながらも、生きたままだったことは認めていない。
親族は、真相が解明されていないとして近く北京へ陳情に行く準備をしていたが、地元当局から行かないよう警告され、陳情に行かなければ補償金を上積みすると持ち掛けられたという。(共同)



以上が昨年6/28に報じられているわけでウイグルの惨状は、現在、マスコミに流れてるものなんかは上っ面だから!

五輪が終わったら、チベットもウイグルも忘れるのなら右も左も情けなくないか?

スポンサーサイト

テーマ:チベット問題について - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/07/12(日) 13:29:50|
  2. フリーチベット フリーウイグル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<都議選結果のエトセトラ | ホーム | ダライ・ラマ法王も中国に自制を求める>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bananaseed2.blog46.fc2.com/tb.php/26-ae013c0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。