ステージ虱発 弐号

で、お前ら、何を「保守」したいのよ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スピリッツは廃刊にするべきか?

前エントリでも書いたし、ツイッターでも書いてるし、ネット上で美味しんぼの批判を拾えば原作者や、出てくる放射脳どもに関する話は出尽くしているだろうと思う。

また自治体や政府が意見することに対して言論の自由の観点から、美味しんぼ擁護の声も挙がっている。たぶん“炎上”はまだ続くのだろう。来週に続くみたいだしな。

さて。

「美味しんぼ・福島の真実」に対して批判しているのだが、実は漫画作品として「美味しんぼ」は嫌いではない。むしろ好きである。昔、病院に入院していたときがあって、そのとき初めて「美味しんぼ」を読んだのだが、ハマるんだこれが。面白いのである。
だからこそ、今回の「福島の真実」みたいな形で風評に荷担するのは恐ろしいことだと思うのね。やはりコミック1億冊以上売れている漫画作品の影響力は舐めちゃいけない。
また愛着がある作品に対して、こんな形になることを望んでなかったので少々、複雑な心境でもあったり。

そんなわけで美味しんぼを叩いても全然、楽しくないのだ。
でも、批判はせざるを得ない!
描いてる内容がおかしいんだから!

僕がそんなスタンスである、ということを踏まえ二つのことを問題としたい。

一つ目
政府や自治体が作品に対して意見することの是非である。
これは下手をすると言論弾圧にもなりかねない危ういバランスが発生するわけだ。あまりお上が出てくることの拒否感はあるだろう。

しかし、逆に考えて欲しい。
美味しんぼクラスが好き勝手な反核プロパガンダ的な主張を前面に出し、その内容に問題がある。

僕は敢えて公的な批判を是認する

これはテレビだったり美味しんぼクラスの著名作品に関して「公的立場からは何も言えない」ということはどうなんだい?と問いたい。

圧力で潰してしまえ、というような話は別にしてテレビや美味しんぼクラスの作品には政府の側の「反論権」は担保されるべきではないのか。


もちろん、相当なバランス感覚が公的機関にも求められる。

よって当ブログとしては政府がひと言述べる程度の関与は肯定します!

じゃないと「政府は悪!」という原理主義者に政府は何も物申せなくなりネットのあちこちでの泥試合のみが抑止圧力となるのが良いことなのか疑問なのだ。


二つ目
色々な責任の取り方があろうが、例えばスピリッツ廃刊を我々が望むべきか?ということ。

そもそも「福島の真実」における内容は2週に渡り食の話題すらでてこない。今まであったのかなー? 作品としても破綻しアジビラに成り下がっているのである。
ここまでの暴走を編集は止められなかった。スピリッツ編集はその点では稚拙なのだ。もちろん小学館に莫大な利益を稼ぐ美味しんぼを簡単に切れない、というお家事情もあるだろう。

で思うのは作中での山岡・雄山の完全和解する回をもって、美味しんぼを一端、綺麗に終わらせるべきではないか。「福島の真実」はコミックではカット。

そしてスピリッツは公式に謝罪、それだけじゃ足りんから週刊ポストでも検証記事を書いた上で謝罪。

そのくらいはしてもらいたいのだが。
落としどころとしては、このくらいが妥当か?

まとめるとスピリッツを廃刊にすることは無い!ただし、スピリッツと週刊ポストで検証記事を出し謝罪しろ!

というのか当ブログの見解である。

他にも意見百出するテーマなので、意見があればコメントでも残していってくり。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/12(月) 23:56:32|
  2. その他 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鰻は絶滅危惧種に限る | ホーム | 美味しんぼ・雁屋哲の「反知性主義」!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bananaseed2.blog46.fc2.com/tb.php/225-c94d99f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。