ステージ虱発 弐号

で、お前ら、何を「保守」したいのよ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

都議選を国政とリンクさせ過ぎるのはどうか?

都議選の結果が国政に影響を与える、とか色々と報道されている。
いや、首都決戦なんだから影響があるのは分かる。

でも、あんまり、そればかりだと北海道民としては、やや冷ややかに「本当にマスコミって東京目線だよなぁ」などと思ってしまう。

まず第一に都議選なんだから石原都政への賛否を問うという意味合いもあるだろう。
マスコミも利権があるから東京への五輪誘致なんてもっと議論されるべきと思うが、触れやしないだろ?

んなことだから北京五輪に対して中国に及び腰になるんだっちゅーの。

僕は、ある意味「分かりやすい」反日勢力より、こーゆー体質の方が気になるんですけど。


第二に都議選に現れる結果は「民意」と言い切れるのか?という思いもある。
これは、あれこれあってアメブロで触れている北多摩1区の問題を見てもらうと分かるんだけど、定数3のところに4人しか立候補しておらず、自民1・民主1・公明1・共産1となっている。

前回は公明の候補がトップ当選だったので、仮に創価学会が嫌いだから、と他の党に投票しても順位は入れ替わるかもしれないが、議席数としては変動がある可能性はほとんどない。

自民支持者や民主支持者がどのような投票行動を起こしてもドラスティックな議席数の変動が起きにくいのね。

そんな選挙区を引っくるめた総体として都議選の結果なわけで、自民が大幅に減らすことも、民主が伸びることも無いのではないか?

仮に大変動があったとしても、その他諸勢力も伸びないと大きな動きは無いように思うし、動きがあったとしても、それが都民の求めた理想的な結果とは、ちょっと差が出ると思う。

スポンサーサイト

テーマ:2009東京都議選 - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/07/08(水) 01:24:57|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<変わらない、中国共産党の体質! | ホーム | 景対>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bananaseed2.blog46.fc2.com/tb.php/19-06706d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。