ステージ虱発 弐号

で、お前ら、何を「保守」したいのよ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゆるす言葉

20090704231808
僕がダライ・ラマ法王の凄さ(これは恐ろしさ、と言い換えても良い)を感じるのは、「言葉」にある。

難しい言葉を並べるわけでもないのに、深いというか。
まぁ、とにかく凡人には、うまく表現出来ないくらいのものがある。

例えば、この一冊、何度読んでも新たな発見がある。

間違いなく、慈悲の言葉である。
でも邪な気持ちのときはナイフに変わる言葉、とでも表現しておこうか?


これだけ「可能性」を含めた「言葉」を吐ける人は、そうはいないと思う。僕は「言葉」を捻り出すのには、ちょびっとだけ自信はあったのだが、この本を読み終えた後は、そんな自信は木っ端微塵でした(笑)

ゆるす言葉 (Dalai Lama’s word collection)


何気に、昨年の「騒乱」後、初めての外遊のため成田にトランジットで来日した際の記者会見の内容も収録されています。


気軽に出来るフリーチベット!!
スポンサーサイト

テーマ:チベット問題について - ジャンル:政治・経済

  1. 2009/07/04(土) 23:15:34|
  2. フリーチベット フリーウイグル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「俺は狙われてる!」←妄想です | ホーム | 中国が隠し続けるチベットの真実>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bananaseed2.blog46.fc2.com/tb.php/16-9ed759f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。