ステージ虱発 弐号

で、お前ら、何を「保守」したいのよ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

口蹄疫問題 デマで政治問題化する輩に注意

そもそも知事自身が大騒ぎはやめてくれ、と直接メッセージを出していることは留意されたい。

お願い

一部で「ミンスの失政だ!」的な煽りが広がっている。たぶん口蹄疫のことを良く知らないようだ。

口蹄疫は厄介な家畜伝染病で、根絶、感染拡大を食い止めるのは、かなり大変で、家畜数万頭が殺処分されるのは、ある意味で仕方ない。

ちょいとwikipediaから引っ張ると、こんな感じで法体制は定められており、大臣がいるいないはあまり関係は無い。

「蔓延すれば畜産業界に経済的な大打撃を与えかねない疾病でもあるため、患畜として確認され次第、家畜伝染病予防法に基づいて全て速やかに殺処分される。

殺処分は、狂犬病のような第17条第1項による都道府県知事の権限ではなく、第16条第1項に基づく家畜保健衛生所の家畜防疫員の指示により、患畜と確認され次第、直ちに行われる。この指示書も第17条第1項に基づく『殺処分命令書』ではなく、第16条に基づく『と殺指示書』という形式で発せられる(命令の内容および効力に事実上差は無い)。

日本では「口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針(平成16年12月1日 農林水産大臣公表)」に基づき、各種の対策が行われている」


ちなみに英国なんかだと殺処分700万頭(!)アジアでも豚を中心に頻発しており、なかなかシャットダウン出来ないのは世界各地でも口蹄疫が発生していることからも明らかです。

数万頭の殺処分ということで現場ではピリピリしてしまうのは当然だろうが、それに乗っかり、民主党叩きに利用するのは動機が不純と言えよう。


参考
口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針
農林水産省/口蹄疫に関する情報
宮崎県:口蹄疫に関する情報提供
「口蹄疫」広がる畜産・酪農農家への支援の輪=宮崎


わかりやすい感染症

家畜伝染病予防法関係法規集 (平成16年版)
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

  1. 2010/05/12(水) 02:46:34|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<書籍紹介 | ホーム | 【ネトウヨの神】瀬戸弘幸さんが、ついに法廷へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bananaseed2.blog46.fc2.com/tb.php/138-75f78913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。