ステージ虱発 弐号

で、お前ら、何を「保守」したいのよ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダライ・ラマ法王、来年、善光寺に来訪!

小さな記事だったので見逃している人も多いと思う。

来年、ダライ・ラマ法王が善光寺を訪れるようだ。

善光寺といえばチベット問題で聖火リレーの出発点を辞退した気概ある僧侶がいるところであります。その後、ダライ・ラマ法王自身から仏像を贈られたり、草の根交流が続いているんですな。

来年は善光寺を訪れ、平和への祈りを捧げるそうな。


政府間レベルでは、やはり微妙な問題もあるので難しいところもあるかと思う。

しかし、民間レベルでは粘り強くチベット問題に取り組んでいるところもあります。今回の来訪は、その最たるものと言えるだろう。


チベット問題は決して風化させてはいけない。
弾圧は「現在進行形」なんだよ。

今一度、チベット問題に光を!
フリーチベット!


ダライ・ラマこころを導く言葉365
ダライ・ラマ 心の宝石
中国が隠し続けるチベットの真実
スポンサーサイト
  1. 2009/12/28(月) 02:59:45|
  2. フリーチベット フリーウイグル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。