ステージ虱発 弐号

で、お前ら、何を「保守」したいのよ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愚痴って良い?

ダライ・ラマ法王の来日で、ちょっと今回は派手には取り上げなかった。

少々、反省している。

いやさ、本当に愚痴なんだけど、僕は本来的には凄まじく飽きっぽい性格なのさ。
何で今までフリーチベットにだけは粘着力を発揮し、色々とやってきたかというと、一点として大メディアの実に小さな取り扱いね。二点目として大きいのが保守系の連中の日より見主義ね。

五輪が終わったら、連中は一気に話題にもしやしねえ!

その時そのときの話題に食いついてるだけで、本当はチベット問題に大して興味が無かったんだろうね。

保守系で、それこそ、僕より影響力のある奴が、変わりにやってくれりゃいいが、誰もやらんから、ウチがやるしかない!ウチは断じて曲がらないぞ、とやってきた面はあるのね。

じゃないとさ、せっかく立ち上がった若者とかに示しがつかないだろ!たぶん様々な立場で右寄りも左寄りも自分で立ち上がったんだよ。

少なくとも、ちょっとは人生の先輩としつ、また薬害エイズやら教科書運動みたいな、最後はプロ運動家みたいになって、敢えて「失敗」という言葉を使わせてもらうが、そんな「運動の害悪」みたいなもの?を見てきた者として、彼らが間違った方向に行かないように道を指し示すって大事なんじゃないの?と思うわけ。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2009/11/06(金) 03:53:16|
  2. フリーチベット フリーウイグル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。